秋田・松島・新潟

        

敦賀港⇒秋田港そして松島や

category - 秋田・松島・新潟
2008/ 11/ 15
                 

日本最大2万トン超のフェリーを利用して松島へ行った時のスナップです
ずいぶん懐かしい写真です!子供たちが幼くて可愛かった
今は・・・・・体格では圧倒されぱなしですが可愛いのは変わり無いですが
AM:11時に敦賀港を出航して翌朝6時に秋田港到着でした
例によって、食べて・風呂に入って・ぼおっと海を眺めて・寝て・目覚めたら秋田港でした
ゆったり・まったりと時間を過ごし満足でした。・・・・・が秋田へ上陸したものの
港近くには何も有りません、ローソンが一軒のみ仕方なく朝飯を仕入れ市内へ移動
石油井戸が彼方此方に、昔流行った水のみ鳥の様なポンプを珍しそうに眺めながら
アメリカ映画で良く出てくるアレですが実物は初めて見ました~なんか不思議な感じです
高速に乗りひたすら秋田を駆け抜けて松島を目指したのです。
地元のドライバーの脅威的な速度には着いてゆけませんでした、はっはやあ -_-; 
東北道に出るまでの車の少なさにも驚きでした
松島到着はAM:8時半頃、真っ先にオルゴール博物館へ余り期待もせずに
ですが!見事にカウンターパンチを浴びせられました。駐車場にまで漏れ聞こえるサウンド
パワフルで圧倒的な音量です!今までのオルゴールの概念が吹き飛んでしまいました。
これはもう立派なひとつの楽団・オーケストラ・・・・・素晴らしい音色に聞きほれました
通常の楽器がビルトインされてて自動演奏しているのです----しかも空気の力で!
余韻に酔いしれながら、と有る土産物屋さんの二階にある昭和の玩具館に足を踏み入れました
懐かしいを10年以上通り越した物から小学生頃に見た記憶の有るもの等など
お店の方のご好意で手回し蓄音機聞かせて頂きました・・・・・初めて耳にする音色です
予想に反して柔らかくて心地の良い音色でした~曲は三橋道也の哀愁列車でした、古っ!
生憎の雨模様だったので遊覧船には乗らず写真のみパチリで観光は終了です
鳴子温泉(こけしで有名)で一泊、安くて美味くてお湯良し、サービス良しとお勧めの宿です
翌朝は東北道~関越道を経て新潟まで駆け抜けました。午後3時初の敦賀行きフェリーに乗船
行きに乗った船「フェリーあざれあ」でした・・・・・私たちが松島へ行ってる間に
北海道の苫小牧まで行って帰って来た奴です、内海航路の船と違って足が速いですわ!
港の外へ出るまでのんびりと船上から防波堤を見ていると・・・・いたいた釣り人が!
何処の港も同じですね、妙に感心しながら想いにふけっていました
夏の日本海はまったりです、内海よりのんびりしてて良いものです (^o^)/ 
最後の一枚は松島水族館で見つけた変わり者です、完全に物と化したイザリ魚君です