2008年11月

        

本日の釣果です

category - 釣り友の部屋
2008/ 11/ 30
                 


今日の釣果 カレイ4匹 たこ1匹 その他色々
久し振りの大釣りでした!
現在たこ飯待機中  カレイは煮付け 焼酎のあて・・・・・
場所は折野 養殖所 西側コーナー 月間釣画報の取材を受けました
                         
                                  
        

納竿大会のお知らせ

category - ドーリム・遊びのひとコマ
2008/ 11/ 27
                 
納竿大会のお知らせ
下記内容でドリームサーフ今年の最終行事を開催します
1)開催日:    2008年12月14日  日曜日
2)対象魚:    サーフ対象魚25魚種 大物2魚種長寸比
3)検寸場所:   12月14日 12:00  高松香西 芝山埋立地
4)出漁時間:   自由出漁
5)参加者:    12月12日締切りで 快調さん迄連絡下さい
6)会費:     参加者は各自1000円以上の賞品を購入し持参下さい
 *12月12日参加申込みで当日不参加の場合1000円徴収します
7)参加資格:   会員以外の参加も認めます 但しルールは会員と同じです

*会員各位

12月14日開催のドリーム納竿大会の集合時間を変更します
お知らせ時間 13時00分  ⇒ 変更後の時間 12時00分
当日協会理事会開催(が13時より)を忘れていました
                         
                                  
        

Fw:Re:たった今、35 センチをゲット(神在牛さん)  

category - 釣り友の部屋
2008/ 11/ 24
                 


メールを打った直後に辺りがあり玉網の出番が3回に増えました。久しぶり良い締め込みでした 今日は爆釣です。

                         
                                  
        

Fw:結構 釣れてます(神在牛さん)  

category - 釣り友の部屋
2008/ 11/ 24
                 


朝3時着でも狙いのポイントへ入れず結局、折野の養殖場跡に入りました。 朝一発目から大ダコをゲットし、カレィも28センチを頭に4枚ゲットし、先程、朝の奴より1回りデカイ大ダコをゲットしました。今日は玉網のが2回活躍しています。久しぶりに面白い釣りになっています 波止に熊さん萬さんコンビが居て熊さんがカレィの34センチを1匹釣ってるみたいです。 大ダコでリーチなので確変を目指します

                         
                                  
        

ふじ丸クルージング

category - 旅先のひとコマ
2008/ 11/ 15
                 
















サンポート発着 ランチクルーズ体験記
憧れの豪華客船の乗船ですはやる気持ちを抑えて船の全景をバックに先ずパチリです(*^^)v
内海航路の船と比べると新日本海フェリーでも段違いの居住性の良さです!
いやがおうにも期待が高まります・・・・・待ちに待った乗船開始、そして船内へ -_-; えっ!
こんなもん!個室は確かに立派です、がパブリックスペースは大したことないなあ、が第一印象
最上階へ上がりのプールサイドを通って後部のドリンクバーへと雰囲気はあります
ここでやってくれました、見事に憧れが崩れ去りましたよ・・・・・
「折角やから何か飲もう!」 ジンジャエールを4つ注文しました!
コカコーラのジンジャエールと違って美味いのが出てくるんやろなあ、どんな味かな
などと妄想を抱きながらカウンターに目を向けると⇒⇒⇒うそやろっ!!!
あからさまにペットボトルのジンジャエール(勿論コカコーラー製)からグラスに注いでた
でっそれが一杯400円也、・・・・・せめて見えないところでやれよ!夢を壊さないでくれ
ガックリです、スポーツジムも設備を含めてフェリー以下でした!
コースのランチはまあまあで印象に残るような物は無かったなあ!
日本人スタッフは総数の二割弱かな
瀬戸大橋付近で僚船のにっぽん丸と反航が有ったけど案内は無かった
女木島沖でスルーダウン・・・・・高松港目前で女木の観光案内されてもなあ!
唯一の客船らしさは航行中にエンジンの振動と音が聞こえない事かな
ドリンク類の値段が高いのと(でも自販機も有ったなあ)高いグッズ売り場が有った事か
外見から受ける程の華やかさと豪華さはないなあ!エントランスの装飾も安っぽいし
フェリーに負けてます!この船で旅行したいとは思わんなあ・・・・評判通リです
飛鳥2・パシフィックビーナスとは格が違うようです!
                         
                                  
        

敦賀港⇒秋田港そして松島や

category - 秋田・松島・新潟
2008/ 11/ 15
                 

日本最大2万トン超のフェリーを利用して松島へ行った時のスナップです
ずいぶん懐かしい写真です!子供たちが幼くて可愛かった
今は・・・・・体格では圧倒されぱなしですが可愛いのは変わり無いですが
AM:11時に敦賀港を出航して翌朝6時に秋田港到着でした
例によって、食べて・風呂に入って・ぼおっと海を眺めて・寝て・目覚めたら秋田港でした
ゆったり・まったりと時間を過ごし満足でした。・・・・・が秋田へ上陸したものの
港近くには何も有りません、ローソンが一軒のみ仕方なく朝飯を仕入れ市内へ移動
石油井戸が彼方此方に、昔流行った水のみ鳥の様なポンプを珍しそうに眺めながら
アメリカ映画で良く出てくるアレですが実物は初めて見ました~なんか不思議な感じです
高速に乗りひたすら秋田を駆け抜けて松島を目指したのです。
地元のドライバーの脅威的な速度には着いてゆけませんでした、はっはやあ -_-; 
東北道に出るまでの車の少なさにも驚きでした
松島到着はAM:8時半頃、真っ先にオルゴール博物館へ余り期待もせずに
ですが!見事にカウンターパンチを浴びせられました。駐車場にまで漏れ聞こえるサウンド
パワフルで圧倒的な音量です!今までのオルゴールの概念が吹き飛んでしまいました。
これはもう立派なひとつの楽団・オーケストラ・・・・・素晴らしい音色に聞きほれました
通常の楽器がビルトインされてて自動演奏しているのです----しかも空気の力で!
余韻に酔いしれながら、と有る土産物屋さんの二階にある昭和の玩具館に足を踏み入れました
懐かしいを10年以上通り越した物から小学生頃に見た記憶の有るもの等など
お店の方のご好意で手回し蓄音機聞かせて頂きました・・・・・初めて耳にする音色です
予想に反して柔らかくて心地の良い音色でした~曲は三橋道也の哀愁列車でした、古っ!
生憎の雨模様だったので遊覧船には乗らず写真のみパチリで観光は終了です
鳴子温泉(こけしで有名)で一泊、安くて美味くてお湯良し、サービス良しとお勧めの宿です
翌朝は東北道~関越道を経て新潟まで駆け抜けました。午後3時初の敦賀行きフェリーに乗船
行きに乗った船「フェリーあざれあ」でした・・・・・私たちが松島へ行ってる間に
北海道の苫小牧まで行って帰って来た奴です、内海航路の船と違って足が速いですわ!
港の外へ出るまでのんびりと船上から防波堤を見ていると・・・・いたいた釣り人が!
何処の港も同じですね、妙に感心しながら想いにふけっていました
夏の日本海はまったりです、内海よりのんびりしてて良いものです (^o^)/ 
最後の一枚は松島水族館で見つけた変わり者です、完全に物と化したイザリ魚君です
                         
                                  
        

美瑛の景色と常呂町の船長の家

category - 北海道
2008/ 11/ 15
                 

美瑛の景色は綺麗を突き抜けて圧倒的な快さと広がりが有りました!
説明はいらないですね・・・・・お決まりの風景は一枚だけ「マイルドセブンの森」だけ
この旅で圧倒された所がもうひとつ有りました・・・・・驚嘆より半ば腹立たしかった思い出
サロマ湖畔の常呂町に有る「船長の家」有名な民宿です1
一泊二食付きで一人6千円程と低料金なのに信じられない程の質と量の料理が出てきます
しかも、ルルブを提示すると割引が効くのです・・・・・
4人前で大きなテーブル一杯に、タラバ蟹・毛蟹・ズワイ蟹・ボタン海老(刺身・ボイル・天婦羅)
まだまだ、ホタテ(刺身・バター焼き)しかも、後から後から料理が来ます-_-; 
15~16品は有りました!コンナニ出されても食えんわい「ブツブツ!」
勿体無いのでお持ち帰りの交渉に⇒⇒⇒冷凍して貰って翌日の食材になりましたが
手付かずで余った物を如何するのか確認したら全部捨てますと・・・・勿体無い!
翌日は貸し別荘泊の予定だったので有効に美味しく頂くことが出来たのですが
翌朝食もイカ刺しを始めホタテ・シシャモ、等などボリュームタップリで味噌汁・ご飯
お代わり自由との事でしたがトテモそんなには食べれません⇒⇒⇒若いライダー達は
次々にお代わりをしてましたよ・・・・いいなあ若いって事は
下の二枚はジュニア今よりもっと若かりし頃、小樽水族館にてセイウチ君とのツーショットです
                         
                                  
        

富良野のトリーックアート美術館

category - 旅先のひとコマ
2008/ 11/ 15
                 

何れもトリックアート美術館に展示されている絵画です!
何処までが絵で何処からが現実か解りますか?
先ず美術館の外観全景ですが・・・・・此処にもトリックが!
実際、現物を見ても騙されますよ⇒⇒⇒外壁を始め建築様式は全て絵なのです(*^^)v
ドアに挟まった新聞・籠の手提げ部分とその影・一万円札・魚、など等
                         
                                  
        

なつかしの北海道2002年

category - 北海道
2008/ 11/ 14
                 

初めての長距離フェリー乗船体験でした
初めて見るその大きさに圧倒されましたが逆に期待は膨らみました
関西汽船とか隠岐汽船しか乗った事が無かったので、一歩船内に踏み込んだ
その時のカルチャーショックは相当の物でした⇒⇒⇒圧倒的な広さの車両甲板
直径が11mも有る巨大なターンテーブル(トレーラを回転させる)
立体駐車場の出入り口に有るそれとはスケールが違います、デッデカイ!
船内の広さと豪華さにもビックリ⇒⇒⇒定期航路の船旅=雑魚寝部屋とのイメージを払拭です!
当時のフェリーには船尾にプールが有り、船内には無料のトレーニングルームも有りましたよ
非日常の生活が船上で味わうことが出来ました!
俗世界から切り離され・・・・・ゆったりと時が流れてました!
午後8時に舞鶴を出港、目覚めると360度水平線です
携帯電話は圏外、新聞は有りません、時計は気にしなくて良い、見えるのは海と空
それはある意味で憧れの風景でした、夕刻に僚船とすれ違う迄、船影も見えませんでした。
当時は小樽まで31時間の船旅でしたが現在は19時間で着いてしまします!
\(^o^)/・・・・長いようですが、食べて・寝て・展望風呂に入って・寛いで・又食べて・寝て
起きれば其処はもう小樽でした・・・・以降この快感にはまって連続3年フェリーで北海道へ!
今となっては、余りのツーリング・ライダーの多さにビックリしたのが懐かしい思い出です。
下二枚の写真は相生のIHIへ定期ドック入り航行時に瀬戸内海で撮った写真です
                         
                                  
        

30数年ぶりのポイント巡りです

category - 釣行メモ
2008/ 11/ 03
                 



小磯漁港・・・・・以前は番屋と呼んでましたっけ!
前日の餌が半分残ってたので再びジュニアを連れ出しました。
前夜さて、何処へ出かけたものかと思案の挙句、昔々その昔(十年一昔と言うので)
丁度今頃の時期にカレイ交じりの五目釣りで良い目をした事を思い出した・・・・・
一度良い目をするとなかなか忘れがたい物です!煩悩が強いのですかね -_-; 
てな訳で三十数年ぶりでポイントに立ったのですが当時とは凄い様変わりです
竿タテ代わりに丁度具合の良い堤防が出来てて、と 此処までは良いのですが
足元はテトラの乱積みで取り込み時の足場は最悪です。
さりとて、もはや時間的に他へ転進する余裕が無いので取り敢えず
取り込みの経路を確認して何とかやれそうなのでジュニアと相談の此処でやる事に結果です
前日同様に一投目からカワハギのどうにかお持ち帰りサイズのお出まし、当りが続きます
青ベラ、キスと何れも良方が顔を揃えてくれました。・・・・・オマケのいいだこ
もうひとつオマケ、釣り画報の記者が登場ですたわいの無い世間話の後で取材要請です
緊張気味の顔でジュニアと共にキスを片手に写真に収まりました
釣果の写真もとの要請に答えて堤防の上にキス、青ベラと並べて見る
予想以上に数を釣っていました・・・・(*^^)v 
ジュニアにも良方の青ベラ、キスのダブルです、今日は上機嫌で納竿が出来ました