2011年08月

        

綾川町の高山航空公園

category - 旅先のひとコマ
2011/ 08/ 23
                 
随分まえ幾度か訪れた事が有った処です・・・

子供たちが幼稚園児だった頃なので、14年ほど前かなっ!


義兄より空自の超音速練習器が目前で観れると聞き 珍しさを求め


当時、眼を輝かせて見入ってた息子が 今は「此処暑い!」と

困惑顔に
息子の成長?をしみじみ感じましたのですが 

彼の練習機Tー2は当時と変わらない綺麗な姿を見せてくれました。

DSC_0262.jpg

残念ながらコクピットの中を見ることが出来ないのです・・・!


DSC_0259.jpg

空自の基地でも中々見れないような細かい部分を見ることが出来ます

DSC_0258_20110823103930.jpg

エンジン等は外されていますが 現役当時のカラーリングは健在です

DSC_0254.jpg

此方は 年代物のセスナ 少々レトロな臭いが漂って良いですっ!

DSC_0257_20110823104017.jpg

私が小学生時代 デモンストレーションで校庭に降りてきたのと同じ

ずいぶん前から 現役で飛んでる姿を見ることはないですねっ!


DSC_0263.jpg

ローターの付け根部分をよく見ると 木目の様な模様が見えるます

当時、ローターは木を削って造ってたのでしょうか・・・まさかねぇ?

確か、鉄腕ダッシュで ”しげコプター” 作成の時 木を削ってたよ!


DSC_0264.jpg

展望所より北側を望むと 高松の街並み と 紫雲山 右に 屋島
 

DSC_0252.jpg

右手 展望台の真正面は 高松空港 丁度滑走路の延長線上なのです


DSC_0249.jpg

折しも JALの737が 着陸して誘導路に向かう所が見えましたよっ!


DSC_0250.jpg

こちら向きに離陸すると、丁度真上辺りで左方向に旋回する様です

時刻表の出発時間を参考に来れば 迫力の上昇風景が撮れるますよ  


当日は暑くて 粘る気にならず 早々に退散したのであります・・・。


*AM 9:00 ゲート開 PM 10:00 ゲート閉 入場無料です

                         
                                  
        

暑さでタワーが曲がったのっ!?

category - 日頃
2011/ 08/ 16
                 
新しい携帯で撮ったらタワー歪んでるっ・・・

瀬戸大橋を見渡せる抜群のロケーションです 此処は何処?
 

DVC00005_20110816095607.jpg

あいにくカメラ持参じゃなかったので 携帯でパチリです!

撮れた画は 凄い歪み 真っ直ぐの筈で在る タワーがS字状に変心?


先月末、左目を患ったその性? かとも う~ん肉眼ではマトモに見えた


DVC00006_20110816095607.jpg

撮影場所は 坂出 東山魁夷美術館の喫茶スペースの外でした。

魁夷の作品は静けさに透明感と迫力が感じられ素晴らしかった だけに

一点たりとも原画を目に出来ないのは残念! 原画を観てみたい

観た後、旨いコヒーを頂きながら 蝉の届かぬ静かなひとときを満喫


DVC00004_20110816095606.jpg

帰りがけ 入口をパチリ・・・門扉が歪んでダメだこの携帯はっ!


DVC00011_20110816095607.jpg

駐車場から 裏側の全景を一枚 閑静で素晴らしいロケーションです

DVC00013_20110816095606.jpg

美術鑑賞?が目的やったのでカメラ持参を遠慮した事が悔やまれました。


ちなみに機種はSH-11C 旧型のSH-03Aの方が歪みは無かったけど

やっぱり 電話(携帯)は電話(携帯)・・・カメラじゃ無かったですわ!


                         
                                  
        

真夏の錦帯橋

category - 旅先のひとコマ
2011/ 08/ 06
                 
圧倒的な存在感と巧みな創りに関心!


実物を初めて目にしてそのスケールに圧倒されました。

格好の被写体なのでしょうが・・・私の腕では覚束無い、完敗!

DSC_0248.jpg

全く巧みな創りです、頂上近くの前後は足元を見ずに歩く事は・・・

急なアーチの上に微妙な角度と踏み代の階段が付けて有るので

真正面を向いて駆け抜けるなんて不可能、外敵を防ぐ知恵ですね!


DSC_0204.jpg

広大て綺麗な河原が 無料の駐車スペース 大型バスのみ有料

DSC_0247_20110806101615.jpg

橋を渡り切った公園の入口 別世界 観光地の。。。客引き合戦


人の俗世と無縁です 2匹の猫が気持ちよくお昼寝タイム

撮影の側にある物静かなお店で頂いた夏蜜柑ソフトは美味でした


DSC_0229.jpgDSC_0230.jpg

元ご家老の屋敷跡、良く手入れされた巨木が目に付く落ち着いた公園


DSC_0233.jpg

DSC_0234-1.jpg

DSC_0238_20110806101446.jpg DSC_0241.jpg

帰りに渡ろうとして、橋脚の傍に川漁師を見て・・・暫し観察を?

DSC_0207.jpg

期待しながらも 待つこと十数分 何とか、その習慣を捉えた

DSC_0221_20110806101445.jpg

DSC_0222.jpg

対岸側から眺めた 錦帯橋 全景を上手く撮るのムツカシ~イ わあっ!


DSC_0228-1.jpg

凄く 透明度が高くて清楚な流れ、大勢が車で押しかける観光地と思えない


DSC_0201.jpg

ここで育まれた鮎は 絶対に美味いと思う・・・残念、食せなっか


DSC_0219.jpg

余計なものが極少で ゆったりと自然に抱かれる感じが良いですねぇ


余韻に浸りながら、お昼頃から車を転がして15時 無事に帰宅!


今回は食べ物にガッカリが多かったけど まずまず楽しい旅でした。

                         
                                  
        

二度目の厳島

category - 旅先のひとコマ
2011/ 08/ 02
                 
リピータになりました・・・2年ぶりです!

1泊、2000円也、広電のPに車を置き 荷物を持って

今回はJR連絡船に乗ります、急かされながら乗船と同時に出航!

駐車場からは遠いけど、大鳥居の沖を航行するのはJRだけなのです。


DSC_0046_20110802165429.jpg

僅か10分程の船旅だが 気分がリフレッシュ出来る嬉しいひととき

何やら新天地? に乗り込む様な期待感にテンションも上がります


DSC_0049.jpg

この景色を観るがゆえ・・・JRを選んで正解、大鳥居沖で梶を左に切り港へ


DSC_0055_20110802165429.jpg

廿日市は巨大なベッドタウン 大きなホテルも 宮島側と対照的な風景

DSC_0106.jpg

宿の部屋より 寺院のような佇まい 宮島桟橋の定期船乗り場

DSC_0060_20110802170220.jpg

シカが出迎えてくれます 穏やかな風景の如く周りに溶け込んでます


奈良と違って  うまく人と共存してる 人に媚びないのが素晴らしい

手を触れても(頭や身体を撫でても)
余り気にしない様子です

DSC_0099_20110802165429.jpg

餌やりは禁止されてます、シカは自力で草の芽等を探し食べてます 

DSC_0180.jpg

潮干狩り注意事項の立て札が 以前ニュースで潮干狩り風景を視たっけ

DSC_0112.jpg

逆光なので 真っ黒な大鳥居です


DSC_0083_20110802165428.jpg

翌朝、8時干潮だったので 大勢の人が大鳥居で記念撮影中です


DSC_0153_20110802165557.jpg

DSC_0165_20110802165719.jpg

DSC_0175.jpg

能舞台は修復工事の真っ最中 干上がったアオサの上にトラックの轍が


DSC_0176.jpg

DSC_0179_20110802165719.jpg

名物の もみじ饅頭 10軒以上のお店が 日々 切磋琢磨 の様子

前回見かけなかった 真新しくて明るいお店が数軒 試食あり!


DSC_0065_20110802165557.jpgDSC_0066_20110802165557.jpg

何度訪れても 厳島は良いですねえ! 神の島の雰囲気が有る

もみじ饅頭はお店に依り味に特徴があり 美味くて面白い

今回のお宿、食事もお風呂も残念な結果 クチコミは高評価なのに

お宿を良く吟味して また訪れることにします!

さて 帰りにちょいと寄り道を 錦帯橋へゆきます。