2011年10月

        

昭和大鉄道展

category - 独り言
2011/ 10/ 31
                 
ふるさとの汽車と電車 そして連絡船・・・

昭和の臭いに駆られて県立ミュージアムへ出掛けてみたのです・・・

展示会場、入口直ぐに昭和30年前後の街角が再現されています。

此処のコーナだけは撮影OKでした けど携帯のカメラなので苦しいですっ!

高松電気軌道の玉藻公園前駅 流石に見たこと無い(誕まれる前です)

今の中央通り、その昔 路面電車が走ってた・・・祖母に聞かされた話が蘇る

DVC00001_20111031154554.jpg

町の本屋さん こんな光景、見たようなっ 記憶の片隅に ”冒険王” ?

   あぁ確かっ 冒険王 って名の月間雑誌 読んでたよっ! 懐かしいなぁ~

DVC00003-1_20111031154553.jpg

スタンドバー 目にした記憶は無い・・・当たり前ですね!

大衆食堂 当時のメニュー見本 今と違うリアルの無さ で 思わずニンマリ

暗かったので スローシャッタによる手振れ 上手く取れなかった残念っ!

DVC00002-2.jpg DVC00004_20111031154550.jpg

昭和の街角を通り抜けると ふるさとの汽車と電車 そして連絡船 の会場へ

これより中は撮影禁止です

明治・対象・昭和の 連絡船 鉄道 に纏わる資料がズラリと展示されてて・・・

古き良き時代に一世を風靡した 船や電車の模型に 暫し目を奪われました。

思ったより当時の写真は残って無いのですねっ・・・空襲で焼かれたのかなぁ!

でも初めて観る、古き良き郷土の姿 往時の賑わいや活力に関心する事しきり

思いを巡らせながら出ると そこには時代構成の全く違う鉄道模型が走ってる

DVC00007-1_20111031154645.jpg DVC00008_20111031154645.jpg

展示会場の内外で時代感がチグハグです 近頃の模型を走らせてもなぁ。。。!

中で展示資料を興味深く熱心に観てた人達は・・・どう映るのかなっ??? 

大鉄道展 ふるさとの汽車と電車 そして連絡船 がテーマなのに

趣旨対象が全く違う電車模型を走らせるなんて 昭和の香りが興ざめだよ!
                         
                                  
        

雨上がりの朝・・・

category - 散歩道にて
2011/ 10/ 30
                 
雨上がりの朝・・・謎の生物と遭遇!

相棒を連れて、いつもの散歩の帰りの路上で 突然それが

25cmほどの身体を少しばかり くねらせながら 横断してたのです。

遠目、最初へびの子供??? に、してはちょっと様子が違う・・・

好奇心を持って、近寄り 携帯でカシャッと 一枚

DVC00003_20111030085233.jpg

正面からもう一枚 カシャッ! 頭の形はヒルの様だが???

でも、進み方(行進の仕方)が全然ちがうしなぁ~

DVC00002-1_20111030085233.jpg

帰って直ぐ Webで調べてみたら コウガイビルと正体が解ったのです

コウガイビル(笄蛭):吸血するヒルとは全く別類、人への害は無い

呼び名の語源は、頭を掻く道具で髪飾りの笄(こうがい)の形に似てるから

プラナリアに近い生き物で、切断されると再生するようです。

皇居より宮内庁皇宮警察より発見された由緒正しき高貴なる生物であるとも

________コウガイビル⇒プラナリアの近縁で扁形動物

 |  |___プラナリア

 |________ミミズ

     |___ヒル(血吸いビル)⇒ミミズと近縁で環形動物


 ついでながら

 環形動物は、口と肛門を持ち、消化管が身体を貫通している
          節にわかれた身体は頑強で断面が丸(環形)くて活発

 扁形動物は:身体の断面が扁平でぜい弱、身体が容易にちぎれてしまう。

コウガイビルの食性は肉食で ナメクジややミミズを食べてとか 

なので、益虫なんですよっ! 見かけはグロイがナメクジの天敵です。

コヤツ 茶褐色なのですが 正しくは、クロコウガイビルと呼ぶみたいです。

                         
                                  
        

いつもの散歩道で・・・

category - 散歩道にて
2011/ 10/ 25
                 
今まで ちっとも気付無かったのですが・・・?

雨の降らぬ間に 相棒の たろう を連れて散歩したのです。

DVC00011_20111025115541.jpg

いつも何気なく眺め 気にも留めなかった稲刈り後の風景でした

 ほんの少し 好奇心を持って眺めて見たら ??? 此処の田圃は違うっ!

残された株の間隔が広い田圃を見付けたのです 目を凝らして観察をっ!

株の太さ(しっかり加減)に大きな違い有りです・・・

植え付け間隔が狭い(一般的な)田圃の株は小さめなのです

DVC00004_20111025115541.jpg


植え付け間隔の広い田圃の苗は一本一本が太く数も多くて株がでかいっ!

DVC00001_20111025115541.jpg

家に帰り Webで調べてみたら 良い米を造る為の ノウハウのひとつ

田植えで苗の必要量は減るが 収量は変わらず 品質は向上 とか!

ご近所の農家で そんな話を聴いた事が無いのですが・・・義父にも?

JAの指導で長年続いたやり方 変えるのやっかいだけど改善しないとねっ!

DVC00005-1_20111025115541.jpg

相棒の たろう 40分程歩いたので雨水で咽の渇きを癒してます。

 柴犬の11歳 人に換算すると還暦越えですが 元気一杯ですわっ

                         
                                  
        

一昔まえには居なかった厄介物②

category - 資料の部屋
2011/ 10/ 23
                 
ササノハベラ・・・生息域が北上中・・・

私達、釣り仲間での通称は”イソベラ”と呼んでいます。

一昔前は、高松周辺で釣れる事は無かったのが いつの間にか

沈礁(磯)周りのポイントを責めると入れ食いで釣れるのですが

ガツガツと ひつこく下品な引き なので当りが有ると直ぐ其れと判る

ササノハベラが入れ食いになると 
釣ってはリリース の繰り返しです

コヤツが多く釣れると・・・仕掛の消耗が激しくて滅入ってくるんです

理由は、口が堅くて針外しの際、よく折れるので嫌われ者なのです!

----- 今まで沢山釣り上げた筈、でもコヤツの写真は一枚も有りません

なのでご存知の無い方は 此方の画像で確認して見て下さい 

もっと情報が無いかとササノハベラでWeb検索して見たら・・・・・

食べたら旨い、食味が良いとかの記述が いっぱい出てきたのです  

特に、セゴシにすると美味いの記述が 気に掛かります

ベラせごし-1  

五島列島などで季節により非常に珍重されているとか

  ずっと前に釣りで通ってた時、隠岐の漁師からも聞いた様な

お魚図鑑にも美味いと載ってるが・・・中々持ち帰る気に・・・

う~んっ 今年は 何としてもササノハベラを食して見なければっ

なんせ、釣れる魚体がキュウセンベラより良型ばかりなんですわ!

                         
                                  
        

一昔前には居なかった厄介物①

category - 資料の部屋
2011/ 10/ 18
                 
近頃増殖中です、厄介物の筆頭は海毛虫!

地元の海も此処10年程で環境が大きく変わりつつ有るようです

確か10年前は居なかった筈、瀬戸内海で釣れた事は皆無でした!


なのに・・・5年ほど前から激増の一途なんですわっ。。。

愛媛・鳴門・香川・・・何処の釣り場でも増殖中です!

我が地元の高松港近辺に至っては入れ食い状態で釣れる事が


海底に敷き詰める程、居るのかと想像するくらいです。。。ゾッとしますがねっ!

因みにウィキペディアで調べてみると

ウミケムシ(海毛虫)とは環形動物に属しゴカイと同じ多毛類とのこと。

DVC00005_20110515220831.jpg

”危険”注意!
釣り上げると、警戒して身体の側部の体毛(毒針)を立てるので触れないこと。
素手で触れると刺され、毒が注入される構造、毒針を抜いても毒が残る。

靴で踏むと靴に毒針が残るのでお薦めできません
    靴 ⇒ 車のフロアマット ⇒ 車内清掃時、手に刺さる

釣れたときの対処法:  
無理して外さずハリスを切ってお帰り願うのが無難です
私は 自転車のスポークを曲げた毛虫外しを自作愛用してます!

誤って刺された時は: 
ピンセット等で1本、1本抜き取るか
セロハンテープ等で毒針をそっと取り除き、流水で洗い流す

分布は: 本州中部以南の比較的暖かい海を好み、京都府の宮津湾辺りに多い。
近年、瀬戸内海一面に展開中の様子 一方でカレイ・アイナメが極減傾向

生態は: 海底の砂の中に潜っていて、頭部のみを砂上にのぞかせている
夜は泳ぎ海面まで上がってくる事が・・・間違ってタモで掬った事が有るっ
泳ぐ速度は比較的速いく、肉食、オキアミ程度の大きさであれば丸飲みする。

積極的な捕食行動は少いので・・・と有るが 潮の速い処でも餌を食ってきます

増殖速度が比較的速い・・・これが増殖の原因 天敵が居ないしっ!

コヤツ まったくもって 厄介物の 筆頭ですわっ

                         
                                  
        

久し振りにイカ名人からの便りが!

category - 釣り友の部屋
2011/ 10/ 16
                 
或る日サナギ島での釣果・・・也

今年はイカが少なくて 何処でも釣れますが数は去年の半分・・・少ない。





 名人から控えめなコメントが付いてました。

                         
                                  
        

地域格差?

category - 独り言
2011/ 10/ 14
                 
少しばかり真面目?に目を凝らすと・・・

 彼方此方に有る田圃に 地域格差?を発見!

同時に育成した苗で 植えた順番に刈り取りしてるのですが

場所(田圃)により 出来具合が違うのです・・・今年は特に?

背丈が5cmほど長とか 株数が少ないとか 実入りが悪いとか。。。


うちの直近にある田圃・・・稲穂が白く実入りが悪いのが目立ちます!

同じ水源を持つ周辺の田圃も同じ様子 水質の?アオコの発生が有った

DVC00002_20111014180129.jpg

稲刈り時に良く見る生き物の種類や数・集るカラスの数も少なめかなっ?


  彼ら?には良く判かってるのかなぁ~!

DVC00004_20111011191007.jpg

これより乾燥器にて乾燥の後 籾摺り(此処が一番判ります・・・品質)

                         
                                  
        

捕食する奴・・・それとも・・・?

category - 日頃
2011/ 10/ 11
                 
 稲刈り中の妄想話ですが!

足もとで ふとっ、なにか言いたそうな目をした奴を見つけた!

 これから食事に出掛けるんやけど、なんか問題でもあるっ? と・・・

DVC00001_20111011191008.jpg

別の群れも食事会の模様ですが

何処からとも無く 続々と、感の良い奴ら(カラス達) 目的の獲物は?


DVC00009_20111011191007.jpg

 こちら、沢山の獲物を見つけて かなりテンションが揚ってる輩達も居る

DVC00008_20111011191007.jpg

コイツは 既に なにやら啄ばんでます・・・よ~く観たら。。。!!

DVC00016-1.jpg

細長い昆虫を捕食中・・・あっあれは 最初に目が有った奴 の 仲間!?


 野生は シバシバ 残酷でも有ります が 人間共ほどでは無い???


                         
                                  
        

絶好の稲刈り日和?

category - 独り言
2011/ 10/ 07
                 
今日から稲刈りの始まり・・・!

明日からの3連休・・・お手伝いなんです 

 農作業、新迷の私がコンバインを駆って新米の収穫を・・・

DVC00035_20111007154258.jpg

台風の多い年でしたが、幸い被害に遭わなかったので良かった!

刈り取りは、「田圃が生き物の宝庫」を実感できる時でも有ります

カエル・トカゲ・イモリ・蛾・蝶・バッタ類(特にイナゴが多い)等等

出来は平年並みの様です(偉そうに!素人が って言われそう)


田圃広く無いけど数箇所に分散してるので一週間程掛る見込み?

早く片付けて 釣りに行きたい・・・暫し、じっと我慢です
                         
                                  
        

今日はピンギスを狙って・・・!?

category - 釣行メモ
2011/ 10/ 04
                 
背ごしを食べてみたくて ピンギスを釣りに。。。

最近良く覗かせてもらってるブログ 薩摩キスナビ 背ごしの記事が 

「こんな食べ方も有るんやっ!」と食いしんぼうが興味を引かれました

でも中々釣行には・・・でっ無理やり都合を付け早朝に出漁です

天気予報で”絶好の釣り日和” の筈が 現地は強い風と波。。。

砂浜は沖合いまで濁りが回り とても釣る気には・・・波止へ転進

何とか向かい風を突いてやれそうですが 時折白い飛沫が飛んで来る


DVC00004-1_20111004162023.jpg

対岸の波止・・・「いつやらは落ちギスの良型が良く釣れた!」と想い見る


仕掛けを引いてくると 2連です 待望のピンギスですよっ・・・?


DVC00003-1_20111004162023.jpg

飛沫を避けながらの釣りは楽しく有りません、まして相手は小さいしっ

なので 何時ぞやの馬篠漁港へ転進です

風は強いが濁りは無く波もなし 道具立てを相手に相応しい物に変えて


DVC00006-1_20111004162022.jpg

本日のタックルです ロッド:エギング用2.1m 道糸PE0.8号 

  錘:8号固定天びん  仕掛:市販の舟用 キス7号 2本針


DVC00005-2.jpg

 繊細な、時には豪快な当りを味わいながら 楽しい釣が出来ました

  23cm超の良型ベラが乗ったらとてもスリリング・・・病み付きになりそう

 十二分に楽しん後、家に帰って早速 背ごし にチャレンジ!

DVC00015_20111004162022.jpg

から揚げ・天ぷらを作るのと比べる簡単に(短時間で)調理終了です

DVC00014-1.jpg

  お昼ごはんのオカズにわさび醤油で美味しく頂きましたっ!


   薩摩キスナビ さん美味しかった ひとつレパートリーが増えました

 少し型が良い(?)やつは 薄めにカットした方が食感が良いようです。

どこやらの漁師が某TVのグルメ番組中でササノハベラ背ごしに・・・


そして一言コメントを「これが一番旨いさかなやっ!」といってましわぁ


今度はササノハベラ(通称イソベラ)を試してみよっかなぁ~?