Post

        

エイ ⇒ トビエイ ⇒ ナルトビエイ

category - 資料の部屋
2009/ 08/ 05
                 
近年、夏から秋にかけて釣り師に迷惑がられてるトビエイの話
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村[高松] ブログ村キーワード

そんな”トビエイ”ですが、探ってみたら面白い話題が有りましたよ!

本来の生息地は亜熱帯地域なのですが、温暖化による海水温上昇に伴い年々北上してる様です!
日本近海で”最初の生息域として目撃された処”が長崎県の五島列島・鳴嶋海域だったので
「ナルトビエイ」の名前で呼ばれるようになったそうです・・・某TVのドキュメント番組より

丁度、怪鳥より”先日、トビエイを掛け好ファイトを楽しんだんやだけ・・・・・食えるのか?”
と 問い合わせが入ったのでいろいろと調べてみました

ナルトビエイ
分類 魚類・軟骨魚綱・エイ目・トビエイ科
生息地域 西部太平洋、インド洋、紅海の温帯から熱帯の沿岸域
体幅 150cm
長い尾の付け根にある尾棘には毒があり、刺されると
激しい痛みをともないます。
アサリや巻貝などの貝類を食べるのに特化した口器を
もっており、砂の中の貝類を掘り起こして、靴べらの
ような歯で貝殻を噛み砕き中身だけを食べます。


あさり資源枯渇の張本人(魚)のように言われてますが実の所、必ずしもそうでは無いようです!
何故なら、あさり資源の枯渇より数年後にナルトビエイの食害が発生しているとの報告も有ります。
まあ、あさり激減の直接要因はもっと複雑な環境変に有りそうですね!
しかし、二枚貝の天敵なので、あさり資源の再生中の脅威には間違い無いようです


駆除の一方で何とか水産資源としての有効利用の兆しも見えかけたようです。

こんな記事を見つけました
タボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を改善する成分が含まれていることが、佐賀大農学部の柳田晃良教授(食品栄養化学)の研究でわかった。ナルトビエイは、捕獲されてもこれまで多くが廃棄処分にされてきたが、柳田教授は「スープの食材やサプリメントに利用できる。

ナルトビエイ1

”ナルトビエイのホームページ”が有りました!
 調理方法・レシピ・栄養成分などの説明が有り・・・・・季節により?通販も有るようです。
 興味ある方はバナーをクリックして見てください(とホームページにリンクしています)

ナルトビエイ
banar031.gif

煮付けとか香草焼きとか 鮮度の良いうちにひと手間掛ければ美味しく食べられるようですね・・・
既に、シュウマイとかみりん干し(みりん焼き)とかで商品化され通販でも手に入るようですが
なにより メタボ解消効果に期待したいですね・・・・・こりゃ「自前で早く釣って来て・・・・・ 」



今週の「さかなのかお2」5/4~
ダイバーの間でも人気者。 「ファインディング・ニモ」に出てくるエイ先生もマダラトビエイでしたねー。 でも、正面顔は・・・・うっしっし・・・ウシ?(^m^) ところで、トビエイの「トビ」は・・・ 「飛ぶように泳ぐから」ではないんだそうですよ。 ...

ドリーム・サーフ

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ドキュメンタリー番組中でナルトビエイを捕獲した漁師がお刺身で食べてましたよ・・・鮮度が落ちるとアンモニア臭がするので シッカリ血抜きをして鮮度が良いうちに調理すると”かなり美味い”そうですが・・・v-16
サメ・エイ類は死んでも血液が凝固しないので吊るし措けば簡単に全ての血が抜けるそうです!
会長がエイの刺身をトライするそうです