Post

        

雨の釧路湿原を通って美幌峠を越えて層雲峡へ

category - 北海道
2009/ 08/ 29
                 
残念・・・”期待の釧路湿原

雨模様で「車上観光」に!



早めに朝食を済ませて8時半頃に

ホテルをチェックアウトし 釧路湿原 へ

釧路市内を抜けた途端、土砂降りの雨・・・

残念だけど歩いての展望台散策は断念 


予定の道道53号線からルートを変更して

湿原沿いを通る国道391号線を走って


途中、屈斜路湖をかすめながら美幌峠を越え

今夜の宿が有る層雲峡を目指すことに

全画面キャプチャ 20090826 100557

昨日に比べ遥かに楽な走行距離なので

のんびり途中の景色を 楽しみながら行く・・・


しばらくは、殺風景な道をひた走り・・・

やがて湿原らしい風景画左側に広がってきた


DSC_0150-1.jpg

生憎の雨模様なので・・・

夏の湿原らしさが撮れず、梅雨の合い間みたい


   「シラルトル橋 付近にて」

DSC_0149.jpg

新緑の草木に橋棚のオレンジがよく映える

DSC_0153.jpg

釧路湿原も北端近く、此の辺りから次第に

”大自然一辺倒” から牧場が点在する様に

だんだん人の気配を感じる風景に変った!


DSC_0155.jpg

この ”牛さん” 「モデル」慣れしてる?

ばっちり”カメラ目線”が決まってる!


DSC_0156.jpg

のんびり走ってると「突然!」進行方向左側

ひまわり畑の看板を発見、既に盛りは過ぎた筈!

とっ、想いながらスローダウンしながら観察・・・

えっ、まさに 「満開じゃないですか」


急いでユーターン、車を止め

 「パチリ・パチリ」です!

通りすがりのレンタカーも釣られて一時停止

でっ やはり  「パチリ」 でした!


DSC_0159.jpg

道すがら・・・広大なコーン畑の向こうに農家が

   広いなんて 広~い・・・畑・・・畑・・・

DSC_0218.jpg

クッシー街道の標識が有りました・・・

クッシー伝説で一世を風靡した屈斜路湖です


周りに樹木が生い茂ってて湖畔沿を走る国道からは

湖面を見ることが出なかったので

美幌峠の展望台より  「パチリ」 です。

DSC_0177.jpg

周囲58km の大きな湖
                                          
丁度、霧が掛って神秘的なムードが漂ってきた!

湖面の周囲を樹木が覆って人を寄せ付けないから

クッシー伝説」が生まれたのでしょうか?


DSC_0183-1.jpg

まりもで有名な阿寒湖とか摩周湖へも

わりと近くて、1時間ほどで行けそう。
     

摩周湖・・・霧の摩周湖と呼ばれるくらい

晴れ渡った湖面をめったに見る事が出来ない

こんなジンクスが有る事を最近知りました・・・

「晴れ渡った湖面を見たカップルは別れる」


私、実は随分前に新婚旅行で摩周湖を訪れた時

雲ひとつ無い快晴の湖面を見たのです。。。

余談は置いといて”話題を美幌峠”に

美幌の展望台へ向かう遊歩道の途中ですが

どこからか”演歌”が聞こえてきた・・・

てっきり土産物屋の・・・と想っていたら

何やら歌碑のような物が 美空ひばり 唄も

DSC_0179.jpg

美幌峠の展望台                  

最頂部に立つと360°のパノラマが眼下に広がります

      
熊出没注意!の立て看板に思わず ドキッ 

2009北海道旅行1

樹海の突っ切って伸びる峠道です

 「○○スカイライン」なんて野暮な名前は無いようです


DSC_0193.jpg

絵になる風景です・スケールがでか過ぎて 私には手強い

DSC_0185.jpg

まるでコルク栓を転がしたよう・・・

北海道ではお馴染みの風景


家畜たちにとっては”冬の大切なご馳走”になる 


DSC_0215.jpg

始めて見た”豆の畑”           
 
種類までは解らないけど・・・

 これまたスケールが半端じゃない!


DSC_0232-1.jpg

 うちの娘の背丈より”デカイ”のです・・・

こんなのが無数に、ちゃんと支えがある・・・


どうやって「この数をこなした」のだろうか?

勝手に、要らぬ心配してみた!


DSC_0235.jpg

ほんの数十メートル、国道から入って見たが

 「 広~い・とにかく広~い 」 豆畑!


DSC_0240-1.jpg

北見市周辺に広がる玉葱畑
                                   
広大です 淡路島なんて目じゃない!


撮らなかったけど                 

大型トレーラーを引くトラックほど大きなトラクター 

” ややこしい表現ですが ” 

その背中?
に3m四方(もっと大きいかも)の

コンテナ一杯に玉葱を収穫して運ぶ姿を見た。

収穫待ちの畑にはこんなコンテナが無数に有り

収穫される玉葱の数は気が遠くなるほど・・・


DSC_0227-1.jpg

念のため一部分を拡大”玉葱”間違いない 

DSC_0223-1.jpg

何気無く、ふと前方上空を見上げると

”天駆ける巨大なドラゴン”の様な雲!
        
北海道って 空が低いのですかね?

周囲が余りに広大なのでそう感じる
          
目線をホンの少しだけ上にやると

広~い空、壮大な雲が目に入って来る!

DSC_0245-1.jpg

踏み切りの「カン、カン」って音を耳にして

 視線の先、見慣れた長さの貨物列車が通過中


思わず、ホット一息  「絵になるなあ!」

DSC_0225.jpg

何処までも・・・玉葱・・・玉葱・・・玉葱・・・ 

DSC_0241-1.jpg

本日5度目の休憩です。         

” からくり王国 ” なにやら面白そう

DSC_0252-1.jpg

” 日本一大きな鳩時計 ” にそそられる

確かに大きいけどメカニックで気色悪い!

翼に比べ身体が大きく飛べそうには・・・


     小さな声で・・・・・「人事では有りません」と呟いた  

DSC_0251-1.jpg

「そろそろ出発」と駐車場に戻ってビックリ 
                              
  少し離れているが お隣さんも香川ナンバー 

「これは奇遇ですな!」


DSC_0257.jpg

お天気回復            

空を見上げると 躍動的な雲が・・・

まるで  の中から撮ったような1枚

DSC_0244-1.jpg

広大な大地の成せる技?        

山の稜線は何処で見ても殆どが穏やかな曲線


DSC_0243-1.jpg

夕張メロン&ラベンダーのソフトクリーム300円也

滑らかな舌触り、どちらも美味しかった!

わたくし的には以前、富良野で食べた

”かぼちゃ”のソフトクリームが一番です・・・


かぼちゃ臭さがなくて ほんのり甘く

 後味がさっぱりしてて 最高でした 


DSC_0255.jpg

上川町に有る ”大雪湖”        

名称の割りには「こじんまり」とした貯水ダム湖

湖面を見るとかなり水位が低かった・・・渇水?

DSC_0268-1.jpg

今夜の宿 層雲峡 部屋から  で「パチリ」!

090821_165623.jpg

「朝陽亭」って名前の大きな温泉ホテル

眺めが良く セミダブルベッド×2台の洋室と

8畳和室の繋がった綺麗な和洋室だった。

私は一人でゆっくり寝られる布団

我子達は其々にベッドを確保

夕食と朝食はバイキング

ステーキや天婦羅はその場で調理してて

出来立てが食べられるように成っていた。

私達家族はは食べる量が ” まちまち ” なので

会席料理式に沢山出されても食べきれず

何時も勿体
無いとの思いが残るので

余りありがたく無いのです!


其の点、バイキングだと好みに応じて

調節が出来るので”大歓迎”です。

近頃のバイキングは大変質が良くなってるし・・・

まあ、たまには大外れも有りますがねっ!


こんな内容で8,000円(大人1名) 合計32,000也でした


お風呂は天然掛け流しの温泉 露天風呂あり

とくに”瞑想の湯”は隠れ家の様で

とても「リラックス」できた 現在までの一番かな!

iwaburo02.jpg

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント