Post

        

安全はユザーがお金で買うの?

category - 独り言
2010/ 02/ 20
                 
”安全意識” を変えないとお隣の現代に負けるよ!

ある自動車関係のジャーナリストの記事で・・・

トヨタが現代(ヒュンダイ)の車を研究の為に分解した処

。。。いつの間にやら”物造りで負けていた”事実に衝撃を受けた とか! 

どうやら遅れているのは「安全意識」も同じ様ですね・・・

ドイツ車を始めとする輸入車の殆どにおいて安全装備のグレード格差は無いよ!

お隣のヒュンダイも もはや全車標準装備なのですよ!

両サイドのカーテン・エアバッグ、緊急時の動力配分装置(EBD)、etc・・・

トヨタは2007年7月の「年央会見」で渡辺捷昭社長(現副会長)が、

日本で販売する乗用車を対象に

「サイドエアバッグ及びカーテンシールドエアバッグの全車標準装備を発表」


後に・・・同年7月以降、新モデルへの切り替えを機に順次標準装備すると

なのに・・・今回の新型パッソについては全車に「メーカーオプション」

・・・注文時のオプション装備であり「標準装備」ではないのです。

彼らに言わせると、事故の発生も ”使い方・慣れの” の範疇なのですかねえ?

初代プリウスの回生ブレーキの感覚は酷い違和感が有ったのに

自動車評論家と称する人達を含め全く問題視しなかった・・・

走る・曲がる・止まるが 安全な車の基本要素なのに

社会的に都合の良い ”エコ・環境車両” の看板だけ大きくなった!
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント