Post

        

PC オーディオ とんでもない展開!

category - オーディオ
2010/ 09/ 03
                 
CDプレーヤは?・・・PC再生でCDの凄さが!

重大な訳有りで DACが不要に(少々高い勉強代になった)

少し前 PC(USBデジタル)⇒ DAC →→→ アンプ →→ スピーカ

元に戻り、今は PC(アナログ出力)→→→ アンプ →→ スピーカ 

フリーソフトをふたつ iTunes と Frieve Audio インストールしただけ

iTunes を使って CDをPCに取り込む・・・ここが肝心要で有ります

インポートの設定にて WAV 又は はTIFF とオプションの

オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用する にチェックを入れる

ポイントは音楽CDの情報をいかに正確にPC内のHDDに取り込むか

再生用には iTunes じゃ無く Frieve Audio を使用します 

ハード上の問題が有るのらしくウィンドウズPCには相性が良いみたいです

PCでもCDのリアルタイム再生は全く音が悪いです

「デジタルは音質の劣化が無い」 なんて間違った信仰?

あるケーブルのトップメーカーさんの試験データで

比較的良いSCSIケーブルでも30%程データ消失する・・・とか

其れに比べUSBケーブルなんてとんでもない代物の様です・・・

PCは重要なデータを扱うのが大前提なので、

エラー訂正(欠落データの再生)機能が備わる故、なんとか問題を回避

高級なCDプレーヤのエラー訂正でも欠落データの再生機能は無い。。。

リアルタイムでは処理できない・・・のでデータ欠落のまま再生が、現実。。。

なので CDプレーヤとはまるで次元の違う音が聴こえてきますよ!

オーラトン5Cと言うスピーカが只者で無いことも実感できた・・・

手持ちのCDを片っ端からPCへ・・・ディスク残量を心配しながら

今まで一体何を聴いていたのか?

信じられ程、次元の高い音楽の再現力に酔いしれ夢中の毎日です!

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント