Post

        

おおまちがい...!!!

category - オーディオ
2010/ 12/ 12
                 
  今までの基準は何んやったんだろ~かっ!

スピーカーケーブルの驚異..........


スピーカケーブルの長さを少しずつ調整しながら音のピントを合わせる

それは、カメラのピント合わせ同じです 最終的にミリ刻みで調整する

ベルデンを買った あるサイトで 上記の記述を見つけたのですが

  ・・・・・そんな話聞いたこと無い、まさかっ?信じられん! と最初は

物は試しと、数センチ全長をカットして確かめる・・・信じ難い変化が!


WE(ウエスタンエレクトリック)の24GAケーブル   調整でカットした残骸
DSC_0871.jpgDSC_0865_20101212150740.jpg


アンプ か スピーカ を買い変えた? 戸惑うほどの変わり様。。。。。???

 調整を詰めるとスピーカの存在が消え・・・バーチャルコンサート会場

聞きなれた 曲が全く違う設定?で 目の前に繰り広げられてる!

ボーカルのバックに こんな いっぱい 楽器演奏が 

 恐ろしく、クリアに聞こえる   確かな存在感さえ感じます

ブックオフで安かった オールディーズの全集物 音はしっかり入ってた

カーステで聞いて やっぱこの程度かっ! と思ってたのですが

とんでも無い 勘違い その程度なのは カーステのプレーヤの方でした


DSC_0864.jpgDSC_0873_20101212150739.jpg

1Fのシステムも同様に調整を ベルデンですが全く同じ傾向で変化

帯域バランス・空間表現・定位 が格段に素晴らしくなりました

でも これって 

有名オーディオ雑誌の視聴記事が 信憑性に欠けるって事の裏付け?


SPケーブルの調整だけで 高価な機器の入れ替えを凌ぐ効果が有る・・・

思わぬ死角に基準が? 大切な処を見落として評価してるな~ぁ



関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント