Post

        

ベルデン8470

category - オーディオ
2010/ 12/ 17
                 
オーディオの既成概念が変わってしまった!

1Fシステムのチューニングを進行中・・・

最初、20cm・・・次は5cm毎・・・そして3cm毎・・・

そして、ついに mm 単位でカット しながら ピント調整 の日々 

有る程度まで追い込むと mm単位でも 明確に音が変わります

バランスが悪い・低音がコモル・高音がキツイ・・・等々 

スピーカ 或は 部屋 が原因(悪い)と思われてた事が全て 解消!


ピントが合うに従って 信じられないくらい クオリティーが上がりました。

此れは 今までの常識では考えられない現象・・・

「スピーカーコード 恐るべし」 なのです

m単価 300円ほど の昔から有るプロご用達の ごく普通のコードです



サンスイ 2115 の箱の中身は 私と同じ 1950年代生まれです
シーメンス 20cm 6Rfu              シーメンス 10cm ツィータ
bn84163-img600x450-1255831285fuhhdj70598.jpg bn84163-img600x450-1255830853vc1sgx71273.jpg

DVC00002_20101217162529.jpg

過去、ソニー・ビクター・ルーカス、等々 オーディオ専用 と称する物

使ってました・・・少々長さを変えても 此れほどシビアな変化は無かった

コードを通る最中に 音が死んでいた(情報がゆがんでいた)ようです!

そもそも スピーカーケーブルの長さで音合わせを論ずるなんて

有名オーディオ雑誌でも目にしたこと無い・・・単に種類を変えるのみ

凄い盲点 此れを省いて 装置の可否なんて語れないと思うなぁっ!
 



関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント