Post

        

唯一のダイワ、サーフキャスター 35-400 

category - 投げ釣り雑記帳
2012/ 02/ 13
                 
1990年頃だったか・・・メーカーの決算で格安でした 今も現役です!

当時、ダイワの竿には魅力が感じられす 全くの無関心だった・・・

当時、行きつけの釣具屋で店主から 
「ダイワの竿、在庫品の棚ずれ物で安いんやけど如何?」と一言

見ると並継ぎの竿、手に取ると好みに合いそう 丁度、給料直後 つい衝動買い!
 
これが正解・・・使って見たら、錘の乗りが良く とても投げやすく シッカリしてる

試し釣りで気に入り、もう1本追加を少々無理を言ったものの

今まで、お店に充分ご奉公してた事も有り、先のと同じ価格にして貰ったのです。

DVC00003_20120213152932.jpg

以来、2本揃って 隠岐・愛媛・高知・徳島・地元香川でと大活躍

メーターオーバーのアカエイと格闘したり 水面下で大物をばらしたり

最も思い出が詰まった竿になった・・・釣果を上げた実績も一番ですが

長年の酷使の疲れからか 少々腰が抜けてきたので
 
ガイドを富士工業ローライダー7点式ガイドセットに交換

DVC00002_20120213152932.jpg

以来、キス釣り以外で主役の座に着いています

(本音は 最近の並継ぎは高過ぎて手が出ないから・・・余りにも高っ!)
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

薩摩釣遊さん

たまにキス以外のお魚と遊ぶのも楽しいものですよ!

投げ釣りでカワハギを狙ってみたら病み付きになるかも・・・針数を2~3本と少な目、あとはキス釣りの要領で楽しめるます。
イセさん
こんにちは。

いつも、大変興味深いコメントを寄せて頂き有難う御座います。

ダイワの竿、そんな開発秘話が有ったのですか、道理で適度に胴に乗り投げやすくて無理が利く筈です ^^

湘南の神様 O氏って 多分、○○○天秤で有名な方ですね!
グラス発売以前の経験談として、野球場にて竹製の投げ竿で遠投記録を測ろうとしたら160mほど飛び場外に消えてしまった!・・・なんて逸話を読んだことが有ります。AJSCFの東京協会に所属されてた事も有ったようです。

新製品が出る度、楽しむ手段である筈の道具が ある種のステイタス・シンボル化を目指してるように想えて・・・身近な楽しみが離れて行くようで寂しい限りです。
珍しい。\(~o~)/

私はこの頃はキス釣をやっていなかったのでは・・・
こんばんは。

ダイワの投げ竿って初期のグラスの時代に湘南の鱚釣りの神様と言われたO氏が何本も試作品の竿を折ながら並継ぎのバランスを追求したと本で読んだ記憶が有ります。(笑)

今年大阪フィッシングショーとほぼ同時時期に中国でフィッシングショーが開催されたようですが日本から参加企業も日本開催よりはるかに展示品を揃えて参加したようですが、中国の技術者の情熱も凄くて殆ど太刀打ち出来ないみたいですね、当然販売価格が遥かに低価格ですから、もう世界では低価格高品質な中国製品が常識だそうですが…
国内の投げ竿試投会のレポート特集本を読んでも2万5千円位の振り出し竿もテスターレポートで飛距離がたいして変わらないと以前から書かれているのでコストの問題が壁なのは明らかですね。