Post

        

手元に残ってない・・・OLYMPICの竿

category - 投げ釣り雑記帳
2012/ 03/ 03
                 
ハイグラス⇒世紀純世紀(セピア)ともに歩んだけど・・・手元に無い!

全長 3.9m=アマゾン  4.2m=キューバ とオリムピック伝統の名称

アマゾンは 世紀純世紀と ひと際お世話になった竿です

当時の安月給の中で工面し 新発売の度に数本ずつ買い揃えてました。

純世紀の発売と同時に、其れまで使ってた世紀は友人の元へお引っ越 

と、次なる活躍の場を確保できたので未練は有りません。

ただ、純世紀シリーズは ほろ苦い思い出が蘇ってきます

アマゾン:直島の宮之浦で 玉砕
 アイナメ狙い、渾身の力を込めて投・・・頭上でリールシート直近から破裂!

一体何が起った・・・直ぐ後ろで見てた老漁師が 一言、二言
 「錘が此れに引っ掛っとった!」 「如何するんか見よった!」 と

声にしない私の言葉 「・・・気がつい取ったんなら先言えやっ!」
  釣り急いだあまりの 情けない 出来事でした。

キューバ:是竹港で行方不明
 ガイド一式 標準のキャスピン から ハイスピンダーへ交換の翌朝

イシモチ(ニベ)の大物を狙い 未明に出漁 3本の投入を終えて一服
・・・何処やらからか漁船のエンジン音が近ずいてくる気配がする

 こりゃ危ないかも?と思った瞬間 キューバーが凄い勢いでダイブ
慌てて堤防に駆け上がり 声を張り上げたが 後の祭りです・・・
 漁船は全速通過 海に浮ぶ竿先のケミホタルが 漁船を追跡して行った 

SPIRAL-X.jpg

スパイラルSSの頃かなぁ・・・アマゾンの名称が消滅したの

この竿、私好みの調子でした
 錘が良く竿に乗るので投げやすく、楽に飛距離を稼げました。

当時クラブメイトのS君 
 SSの30号でキャスティングのST種目で170m近くの記録を残してたな~ぁ!

私も同じ SSの30号を持ってたのですが 
 がま投げ25号と一緒に リニューアルの為、師匠の元へ行ったきりですわ。


未だ オリムピックの釣具は存続してて純世紀の復刻版を出したりしてるが

images.jpg

 投げのジャンル製品は製造販売されない 熟年釣り師として残念ですわっ!

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ    にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ    
にほんブログ村      にほんブログ村      FC2 Blog Ranking
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

イセさん
こんにちは
やはり 動きは匂いに勝るのですね。
パワーイソメは何度か使ったことが有ります(集魚効果とかで強烈な匂いが付いてました)・・・絶えず仕掛け(餌)が動いてる引き釣りだと当たってきますが 置き竿で仕掛けが動かない場合はフグを含め殆ど相手にされなかった。(確かに餌持ちは良いです・・・<爆笑>)
*パワーイソメで釣った後、一日中 指と鼻先に匂いが付きまとうので厄介です。
お魚が動く餌へ反応するのは極めて素早いですね。夜釣りを含めてですが、活きの良い 青イソメや石ゴカイを一匹チョン掛けにしてポイントへ投入すると 着底と同時に、良型キスが強烈にアタックして来た なんて事を何度も体験しました。餌取り名人のカワハギでさえ 大型になると 青イソメを丸々一匹 瞬時に吸い込む瞬間を 釣り場で観察したことが有ります。
ビーズ仕掛けですが 体験上ですがフグの反応はイマイチな気がしますよv-218
こんばんは。
純世紀←でしたね(笑)書き込み間違いました。
昔の鱚釣りは浮き釣りが主体なので、たまに投げ竿の六角バンブーロッドで五目釣りって感じでした。
確かに雑誌テレビの鱚釣りはチモトにビーズですね、自分の場合結構鮃狙いのルアーに鱚が掛かっている事実と…他のブログで読みましたが今年の1月に生物学会で…
『魚の捕食者と被食者の関係性を数理モデルとして定式化に成功』…が発表されましたが、併せて考えると最近のパワーイソメをぐちゃぐちゃにして針に刺しても魚が釣れない=味や匂いより動きの方がアピール度が高いと証明され掛かっているみたいですね。
薩摩釣遊
投げ釣りにのめり込む時期が
少々早かっただけの事ですわっ!
丁度、中学生時代 投げ竿を使ったカレイ釣りが広まりつつ有る頃でした。
小学生の頃は 船の手釣りのテグス(渋糸)に10号程の中通しの丸い錘を付けて右手でぶん回して投げ釣りを楽しんでいました。
イセさん
こんにちは
いつも、コメント有難う御座います。
純世紀は、使い手の力量を問わずに扱い易かった分・・・パワーは程々だった感じがしたように想います。
当時、駆け出しの私がグラスから持ち換えても違和感が全く無かったのですから(笑)
グラス⇒世紀⇒純世紀 と換わる度にやや細身で軽くなった性で都度、振りやすく変った感の記憶は有るのですが・・・イマイチ、竿のパワーが増した感は無かった様に想います。
当時、若気の至りで 渾身の力を込めた無茶振りキャストを挑んだ時は、終末期のグラス名ロッド(プラスカイヤー等)の方が無理が利いて安心感が有りました!

仕掛けの進化?は複雑ですね!
黒色化は、ハリスに止まらず力糸までも・・・使ってみたけど違いは余り?
体験的には 蛍光系、特にイエロー系のハリスはフグの餌食になり易いようですが。
ステルス化するのと、積極的にアピールするのと どちらのメリットが大きいのかなぁ~ 使い分けが複雑ですねえ!
積極的アピールでは・・・最近流行?針のちもと小径のビーズを付けるとキスの食いが良いです、幾度か試したら明らかに良い、が しかし です 外道の食いも断然UP・・・当たり前か!(笑)
まぁ~ 生餌=ルアー と考えると 積極的アピールが正解かな・・・フグに関しては 釣り方の工夫で避けるのが一番(逃げるが勝ち)かな。
こんばんは。

世紀&新世紀←この頃は渓流釣りで定番なので数本購入しましたが…殆ど大物に折られておりますです
(笑)


この頃は、辛うじて青鱚もいたので釣れてた時代で投げ竿は持っていなかったのですが竿尻の丸い卵形に特徴が有る印象が強かったです…雑誌の解説で遠投時に折れた書き込みを読んだ記憶があります……。


当時湘南地区では砂が黒砂なので黒染めナイロン糸に銀色メッキの無い軽い黒っぽい湘南針で鱚釣りしてたんですが…今考えると釣り本解説で魚に見える仕掛けは釣れないからと真逆の魚から見えにくい事ばかりをしてたのが笑い話ですね。
最近又フグを避けるからと黒っぽい色付きハリス仕掛けが市販されてますが効果の程は未使用なので分かりませんが?。(笑)
珍しい~

知らない竿ばっかしです。

脱帽