Post

        

このお魚は何んだっ!

category - 資料の部屋
2012/ 07/ 02
                 
 先の産直市場から 車を転がすこと5分ほどで 到着っ!

 丁度。保冷車から 沢山のトロ箱を下ろし品揃えの最中ですわっ

 見慣れたお魚の中・・・初めての目にする お魚が一匹??? 

 発泡のトロ箱、マゴチと並んでますが 尻尾だ飛び出し 50cm超・・・

DVC00002_20120701060930.jpg

 帰宅後、調べてみたが イマイチ分らん ニシン科のお魚みたい?

  良く似てそうなのが 「イセゴイ」 ・・・ 別名「ターポン」 なのですが?


 メゴチも高価に成った物です、全て20cm足らず・・・買うと 捌くのが大変そう!

DVC00004_20120701060929.jpg
 
 日頃、歓迎しない小さな外道達が売場に並んでるのを観ると複雑ですねっ

  それにしても、小型のフグ類が其のまま箱売りされてるんですよっ!

    買った人が、自分で捌くのかなぁ。。。なんて余計な心配をしますわっ
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

イセさん こんばんは
イセゴイの近似種かなっと思ったのですが該当するお魚が見当たらなくて・・・
ヘラ で検索したら灯台下暗しでしたわっ!
香川県で捕れるお魚で載ってたんですが、口の大きさが違うような?
メゴチは美味いお魚ですよねっ ヌメリガ強いので大変ですが、捌く手間はキスより簡単、ぬめりを取りは不要ですよ!
フグを捌く手順と良く似てる・・・
①背びれを尾から頭に向かって削ぐ
②頭の付け根を上からお腹の皮一枚残して包丁を入れる
③魚体をひっくり返し、包丁の刃元で背骨を押さえ、頭を左手で持ち上げながら尾の方へ引っ張るとツルリと皮が剥けます
*腹びれも指先でつまんで尾の方に向け引っ張ると簡単に取れます。

マンボウ。。。大きくて、一家族では消費し切れないのじゃっ なんて余計な心配します でも、買う人が居るのんですよねっ ^^;
1702さん 正解でした
調べなおしたら香川のお魚で有りました

標準和名 ヒラ
地方名 ヒラ、ヘラ、ヘタレ、ヘータレ
分類 ニシン目ニシン科
分布 春、内海に入り込み、産卵する。生まれた稚魚は内海で育ち晩秋に出る。
産卵  5~7月。分離浮性卵

  昔は沢山居たようですが すっかり姿を消して食べ方も忘れられたかけてるとか・・・

  私は始めて知りました!
何でしょう?(笑)
イセゴイだと尾が…確かにターポンに似ている感じもしますが評価が食用に適さないと有りますので味に期待は出来ないですかね…(^_^;

メゴチが意外に値段高いですね~都内でも一時期マーケットで販売されてましたが多分処理法が分からないから不人気ですぐ棚から消えてました。(笑)


此方で取れる外見がキスに似たオキギスなども60センチ位にまで成長しますが白身魚のわりに料理法が無くあくまで蒲鉾の原料になってます。

めったに販売されませんが…定置網に掛かる魚を販売している店でマンボウが販売されるのが珍しいかもしれないです。
ヒラって?
ヒラって言う魚とは違うん?