Post

        

やっぱり チロリやなぁ~!

category - 釣行メモ
2012/ 07/ 17
                 
と或る 養魚場跡 の波止 外向き遠投で大型のキスが当たる処

内向きは水深2m程の砂底、水質が良いのか見通しが効く

観ると底に 15cmくらいのメゴチやカレイなど 沢山着いて居る

DSC_0063.jpg

DSC_0068_20120717145332.jpg

外向き当りが遠のいたので 一緒に竿を振ってた釣友と共に小休止!

揃って暇つぶしに観察を・・・内側の底に居るお魚を目がけて餌を落とす

青イソメ・・・石ゴカイ・・・頭上近くまで沈んでも無反応 食い気が無い?

あげく、メゴチの目前に着底 でも 全く無関心・・・時合じゃないから?

なんて思いながら 当日の当たり餌 ”チロリ”を 投入・・・

チロリ

着水後、ゆっくりゆっくり、50cm位沈んだ途端・・・

今まで無関心を装おってたメゴチ達が一斉に周囲を伺い

活発に行動 チロリ にアタック!

確かに”チロリ”は 強烈にアピールする臭い?が有るんですねっ!

日頃、一押しの餌なんですが、暇つぶしの観察で実感ですっ!
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

イセさん こんばんは
夏季の遠征の場合、餌用に別途クーラが要ります・・・活餌に、極力温度差を与えなければ結構持ちます。
チロリは工夫次第(海水を含ませた園芸用パーライトを入れる)で1週間ほど生かせるようです・・・交換の手間は掛かるけど ^^;
自分用には、保冷剤を兼ねて冷凍讃岐うどんが重宝します。其れとレタス、トマト、きゅうり、ゆで卵の乱切をターッパーに入れクーラに忍ばせて、食べる直前にドレッシングを・・・暑い時 此れ堪りません、元気が出ます。
そうめんも良くやりました、茹でて水を切ってタッパーへ・・・食べる時、冷水に泳がせ・・・薬味の入った汁へ 此れも堪りません 暑い時には最高のゴチソウですねっ(くいしんぼうの戯言です、(爆笑))
特餌は遠征釣り行をおこなうと考えさせられます、人間様の暑い夏日の特餌は関東なので冷やしたぬきうどんか蕎麦で簡単に決まりなんですが…(笑)