Post

        

粟田を覗いて 大浦で2回戦を

category - 釣行メモ
2012/ 07/ 26
                 
 粟田漁港を偵察・・・車を停めにくいし、勝手が分らず雰囲気も?

随分前から、ちょうちょく大型が出ているので気に成る処なのです・・・

 取り合えず港を一回り・・・相談の結果 隣の大浦へ 行くことに

 またまた テトラからの釣り 定置網の右側で 並んで投げてみる と 

 糸ふけを取って、着底を確認 ・・・ 妙な手ごたえ ・・・針数だけイソベラ

 何投目か、○○○名人から ホウボウを釣ったとの声が掛かったので

さびいてた竿、糸ふけを取って置き竿にし ネタの写真を撮ろうと駆け寄った

DVC00010_20120725174221.jpg  DVC00013_20120725174220.jpg

 ホウボウを手に自分の釣り座に戻ると えらい糸ふけ? 道糸の方向が?

DVC00014_20120725174219.jpg   竿を手に 糸ふけを取って

  合わせてみたら ズンッ!

  根掛り? 少し間が有って

  何やら、すっぽ抜けた感じ

  で、揚ってきたのが此れ!

  食いちぎられたササノハベラ

 まだ 息をしてた・・・背びれの付け根からハラビレに向かって鋭利な歯型が

 尻尾のチョイ手前にも歯形・・・ 良く観たら、大きなv字型の噛み跡ですわっ!

  犯人はヒラメ?  当たりを観てないので 悔やまれます  でも 

 キス仕掛やし 玉網も無い事やし  どっちにしても。。。釣り上げるのは無理  ^^;  

 本命のキスは 忘れた頃に ポツリポツリ そしてポチャンの近場で 25cm・・・

  ポイントが少し違うと イソベラの猛攻です 一時間足らずで撤収する事に!

此処は 同じベラでも キューセン と イソベラ の住み分けがハッキリしてる

  イソベラ、呼称の通り 磯場(シモリ)やガラ藻を好むのですね 

 対する、キューセンは砂底 アマ藻 ・・・ こんな所でイソベラが釣れなかった。

  予定では9時納竿、だったけど うす曇と適度に涼しい風が有ったので

    と言うか 貧果なので またまた転進です 白鳥・・・津田・・・ =^_^=

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

イセさん こんにちは
此れは、良い事を教えて頂きました!
早速、パクラセテ頂きますよっ (^_^)v
玉網より 機動力が良さそうですしっ(笑)
派手な食いちぎられ方ですね。(笑)
私は堤防や足場の高い釣り行で予想外の大物用にボラの掛け針の真下になす型錘と100円ショップのスナップをセットしてそれに水バケツの高所から汲む為の細い糸巻き付ロープを結びヤエン釣りの要領でスナップを道糸にセットして滑らしタモ無しの時には魚を回収してます。(笑)
500ミリリットルの薄いペットボトルの上部をカットして仕掛けを入れて持ち歩くので結構重宝してます。
20メーター位の高さから80センチ位のシーバスを取り込んだ事が数回有ります。